公認会計士資格試験受験者に向けての情報サイト

公認会計士資格取得に向けて

現在の仕事を続けながら公認会計士の資格取得を目指すことは可能か

公認会計士は将来的にそして安定的な職業であると言う認識を持つ方が多いようです。実際に、公認会計士を目指している方もたくさんいらっしゃいます。

特に、仕事を持ちながら資格取得をという考えが多いようです。そこで、学業と仕事を両立させることの良い点と注意点について考えて生きましょう。

勉強をする男性の手元

基盤をしっかりと持って学業に専念できる

仕事を続けると言う選択をすることによって、収入の面に不安というものはなくなるでしょう。ですから、安定的に学費なども払えるかと思いますし、そればかりではなく精神的な部分においても不安感を抱くことはないでしょう。

環境に合わせた学業スタイルを築くことが出来る

通信制の学校や夜間学校なども公認会計士を目指すにも、社会人をターゲットにしたシステムサービスが提供されています。このことから、現在の仕事環境を大きく変えることをしなくても資格取得を目指せると言うわけです。

会社に迷惑をかけてしまうのではないか・・・などと心配をされている方も問題なく進めていただけるのです。

注意点について

仕事と学業のいわば「二束のワラジ」を履くことになりますので、スケジュールと言う点においては忙しくなってしまうかと思います。

継続的な勉学が公認会計士への道を開く足がかりとなりますので、それをコンスタントに築けるバランスをしっかりと考える必要があるでしょう。

充分に考え、計画を立てることが求められるのです。

キャリアアップのためにも

現在の職場でのスキルアップ・キャリアアップのために公認会計士の資格取得を目指している方などはこうしたスタンスを取ることが多いのではないでしょうか。

その良い点はたくさんありますので、注意点を意識しつつ進めていきましょう。

公認会計士を目指す方は考えたい勉学と環境のバランスについて

談笑する男女

仕事もそして生活においても「環境が大切」などとよく言われます。公認会計士を目指すにあたってもそれは同じことといえるでしょう。

その環境を整えるだけでも、精神的な部分から意欲といった部分にまで大きな影響が及ぶこともあるのです。今回は、そんな環境について考えていきましょう。

仲間を作ってみよう

まずは共に公認会計士を目指す仲間を持ってみては良いかと思います。精神的にも共鳴しあうことができて、1人で苦悩などを抱え込むことも少なくなるでしょう。

また、お互いに意識を高めることが出来ますので「成長し合える存在」ともなってくれることでしょう。時には、共に計画を立てて勉学を行うと言うのも良いかもしれません。

こうした仲間意識・同志意識というものは人の心理作用としても実際にあることなのです。

原点■公認会計士の専門学校・予備校CPAで公認会計士試験に合格!実績・合格率で選ぶならCPA会計学院! https://cpa-net.jp/

集中の時間を有意義に捉えていく

長時間勉強をすれば「よく学んだ」という意識は芽生えやすいかと思います。しかし、本当の意味での知識を身につけるためには「集中する時間」というものを有効的に活用していただくことをオススメしたいと思います。

人間の集中時間は2時間ともよく言われています。ですから、2時間集中をしたら少し休憩をしてなどという「緩急」をつけていただくとより進めやすいことと思います。

その環境について

勉強をしやすい環境を用意するのもポイントです。「同じ香りがする」ですとか「同じ空間の中にいる」といった事柄は、人の心理として継続的に勉強をしやすくさせてくれるのです。

知識と環境のバランスについて

このように、ただ勉学をするというばかりではなくその環境を考えることも良いことといえるでしょう。ぜひとも、勉学ばかりではなく環境と言う点についても考えてみてはいかがでしょうか。

更新日:

Copyright© 公認会計士資格取得に向けて , 2019 All Rights Reserved.